父親を漢字で表すと?

父親を漢字で表すと?

今日はまたまた面白いランキングを発見しました♪

それは「父親を漢字一文字で表すと一体何か?」と言う物でした。

ランキング1位となったのは「変」と言う漢字でした。

つまりランキングに答えたほとんどの方が、父親を変だと思っていると言う事です。

変と言っても、必ず「優しいけど」などの言葉が入っていました。

私も自分の父親を一言で表すのであれば、多分「変」になってしまうと思います。

むしろ私の父親は「変」と言う言葉以外当てはまる物が無いと思います。

私の母と父は私が小さい頃に離婚をしています。

離婚をしたにも関わらず、とても仲が良い為よく二人で居るのを見かけます。

母も私に父の話を普通にしてくる事があり、私もよくその話で盛り上がります。

最近はよく三人で食事に出掛ける事も多くなりました。

しかし離婚をしてから何年かは、父の話を一切聞く事はありませんでした。

たまに「元気かな?」と言う話を母とする程度でした。

「たまには家に行ってあげなさい」と母に言われ、会いに行くのですが…。

なぜか家に居る事はありませんでした。

飲みに行くのが何よりも大好きな父は、朝から晩まで飲みに行っている事が多いです。

近所では有名な「飲んだくれ親父」と言われている程でした。

父と直接会う事は無くても、よく父の噂を聞く事がありました。

その噂のほとんどは、どうしようも無いくらいにアホな噂ばかりでした。

何年か前に一度、友人から「お父さん見たよ」と言う報告がありました。

「どこで?」と聞くと、家からすぐ近くのコンビニだったそうです。

何か話したのかなどを友人に聞くと、衝撃的な父の行動を耳にする事になりました。

なぜか父は友人を私と見間違えたらしく、しつこく飲みに行こうと誘ったそうです。

何年も会っていなかった為、間違えてしまう事もあるとは思います。

しかし間違えられた友人は、男の子なのです。

友人は髪の毛を少し伸ばしていた為、ショートカットのようでした。

しかし顔は全く私と似ている事はありませんでした。

私はかなりのハスキーボイスな為、声だけを聞くと男の子と間違えられる事がありましたが…。

父が私を男の子と間違えたと言うのには、本当に驚きました。

家に帰り母にその話をすると、大爆笑をしていました。

何年か後に父と一緒に食事をした際、その話をすると父は覚えていないと言っていました。

酔っ払いも対外にして欲しいと思った瞬間でしたね(^^;)

私も多分ランキングを受けていたとすると、真っ先に「変」と答えてしまうと思います。

そんな変な父でも、私は大好きなのでまた食事に行きたいと思います。

フィットハイブリッド

地元で一番のお祭り。

もうスグ夏祭りのシーズンになります。

今年は地元に住んでいない為、地元のお祭りに参加する事は出来ません。

しかし地元に居た頃は、必ずお祭りに参加していました。

私の実家の近くで開催されるお祭りの中で、一番の大きなお祭りは『天神祭り』と呼ばれるお祭りでした。

家から歩いて5分程の河川敷で開かれるお祭りです。

2日間に渡って開催されるのですが、何と言っても2日目の花火はとても綺麗でした。

毎年花火の色やテーマが決まっており、それを見るのが何よりの楽しみでした。

私の家はマンションだった為、家からでも花火を見る事が出来ます。

祭会場に行くよりも綺麗に見る事が出来るのです。

小さい頃は家でしか見る事がありませんでしたが、ここ何年かは祭会場で見る事にしていました。

しかし何と言っても人の多さだけは異常な物だったと思います(--;)

花火の時間になればなる程、人が増えて行くのです。

私の住んで居た地域は特に人の集まる場所ではありません。

小さな繁華街があり、若い人よりも大人の方が遊びに来る街でした。

私も居酒屋やスナックで働いていた為、色々な方と仲良くなる事が出来ましたが…。

皆声を揃えて言うのは「さすが人情の街やね」と言うのです。

全く人情の街では無いだろうと思っていましたが…。

少し変わった街だったと今でも思います。

そんな地元で開催される天神祭りには、必ず芸能人の方が来ます。

天神祭りで一番印象的だった芸能人は、猫ひろしさんだったと思います。

屋形船に乗り生中継で天神祭りの様子を放送するのですが…。

生で初めて猫ひろしさんを見た時は「小さいなぁ」と思ってしまいました。

芸能人の方が来る事で、より一層盛り上がる天神祭りなのですが…。

天神祭りが終わるといつも夏の終わりを感じてしまいます。

たくさん立ち並ぶ屋台や、綺麗な花火を見た後は少し寂しい気持ちになってしまうのです。

また来年もあると判っていても、祭の後は何だか静かになります。

天神祭りには地元の友人もたくさん訪れている為、必ず誰かに遭遇する事になります。

河川敷で行われる為、距離もかなりの長さになります。

そんな広い場所だと言うのに、最低5組は友人グループと会うのです。

地元で開催されている事もあり、皆張り切って行くのだと思いますね。

去年は天神祭りに参加する事は出来ませんでしたが、母曰く花火がとても綺麗だったそうです。

毎年花火のクオリティが上がっているようです。

そろそろネタが尽きるのでは無いか、と母は言っていましたが…。

花火にはそんな心配は無いのだと思います。

今年は花火を見る事が出来るかは判りませんが、手持ち花火程度なら家の近くでしようと思います(^^)